不動産問題(相続・遺言・事業承継・成年後見・税務等)で
お悩みの方はコチラからご相談ください

2011年03月14日

山口新聞東流西流第3回(2011年1月27日木)掲載

境港.jpg

前回は借地権とはという内容でお話しました。今回は定期借地権についての内容をお話市しようと考えていましたが、今はちょうど「ゲゲゲの女房」ブームでもありますので、境港市の定期借地権付き住宅団地の事についてお話します。

2010年9月28日、機構の三浦義幸会員と増井と2人で境港市の定期借地権付き住宅団地「境港・健康シティ夕日ケ丘」に行ってきました。境港市の土地開発公社の方には大変お世話になりました。     

ここでは「定期借地権制度を活用すれば、月額3700円の土地賃料で、75坪のゆとりある土地を51年間利用することができます。手持ち資金が少なくても、夢のマイホームを持つことができます。」という謳い文句で多くの方が土地を借りて住めるように環境を整えています。

近年、土地の価格が全体的には下落の一途をたどり、土地を資産と考えることが難しくなっている状態です。このような中で土地を買うのではなく借りるという考え方が増えてきても不思議ではありません。境港市は自治体が定期借地権を推奨して地方でも結果を出している貴重な例と言えます。

水木しげるロードで成功した境港市、こういう分野でも注目されています。
posted by 山口県定借機構 at 09:04| 東流西流

2011年03月10日

3月2日の講演会

3月2日に下関市リサイクルプラザで山口県定期借地借家権推進機構
主催の講演会が開催されました。

当機構の増井聰彦理事長の挨拶の後
九州定借機構副理事長・菅原 純氏、税理士の岡田 健氏に有意義な
お話しをして頂き、来場された方々も喜ばれていました。

その後の懇親会にも多くの方に参加して頂き交流を深めることが
出来、本年最初の研修会は何とか無事に終えることが出来ました。

また、次回に向けて準備を進めて行きたいと思っています。

DSC02643.JPG
posted by 山口県定借機構 at 16:34| 講演会